www.concegraff.com

現実にパソコンのディスプレイの前に座り絶えず上がったり下がったりしている相場を眺めているとどことなく取引をしなければいけないという抑えようのない気持ちが生まれる人も多いと思います。だがしかし、あやふやな感覚で売り買いをするのだけは避ける必要があります。知っての通り、相場は昼夜を問わず、どういう時でもいずれかの外国為替市場がオープンしているし、レートも常時上がったり下がったりします。しかし、だからといって取引を積み重ねるとそれだけ損をする危険性が高まってしまう。確かに売り買いの数を重ねることによってだんだんと利益を上げられる確率が50%、50%になるのは事実です。でもその事実は「明確でないインスピレーションでトレード」することとは別の話だ。エントリー回数を積み重ねるとは自分自身が「ここがチャンス」と感じた時機を持った場合の注文回数を重ねるという意味である。理由がなく、売り買いを積むのとは大きく違います。為替相場の勝負に勝つためにはあなたがメリハリをつけることこそが必要です。「ここだ!」と思えた為替相場の時には迷わず保持ポジションを増やして徹底的に利益を求めます。「何となく分かりにくい外国為替市場で、どう動くのか予想できないな」と思い至った時は所有ポジションをひとつも残さないで閉じて何もせず静観します。これくらいのメリハリをつける方が最後にエントリーはうまくいくものだ。マーケットの金言には「休むも相場」という言葉があります。まったく言葉どおりだと思います。為替とは常時売買ポジションを保有する事が大事ではなく、どのポジションも保持せず静観していることも場面によっては、相場なのである。それでは、どの場面で休めばよいのだろうか。第1に言われるのが先に述べたように、これから先の市場が良く見えない時です。今からどうなるのか決める事が出来ない時は分からないまま行動すると、自ら思った脚本とは逆の方向に相場が推移してしまい、損失を被る事になります。だから、そんな状況ではポジションを諦め、何もしないで静観しているのが良い方法です。次に、己の体の具合がよくない時です。体の具合と市場に何の影響も与えないと考える方もいるだろうが。実際には意外と影響します。コンディションがすぐれなければマーケットのミスできない状況で冷静な決定をする事ができなくなります。気分が進まない時は、FXから距離を置くことも必要な事です。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.concegraff.com All Rights Reserved.