www.concegraff.com

「スプレッド」とはFXは外貨を売り買いして利益を生み出す商品です。トレードの価格は1日中動いています。それが為替市場です。テレビを見ていると、レートのニュースが流れるケースがあります。「ただいまのドル円相場は80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。それは80円50銭から80円52銭の幅の中でトレードされているという事を表しているのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを示しています。要するに、売り買いには買値と売値の価格が存在している事を表しています。売値のことをBID、買値のことをASKと表示している取引業者も存在しています。一般的に売値が買値よりも安価になっています。現実に買値は高く、売値は低くなるものです。その差をスプレッドといい、FX業者の利益といわれています。スプレッド幅は取引会社によって変わります。スプレッドの広さは自分自身にとって手数料になるので狭い取引会社をセレクトするほうが有利になります。ただし、同じFX取引会社でも場合によってスプレッドの幅は変わります。仮に通常時はドル円の組合せでわずか1銭のスプレッドの広さであってもレートの上下動がかなり大きい状況では大きくなったりします。ですから、スプレッドが小さいのと変わらないということが不可欠です。近頃では決まったスプレッド幅を示すFX業者も多く存在しています。現実に取引業者の注文画面の上で市場を見なければわからないので面倒くさいですが、必要な事です。多額のお金を投資して売買するのですからトレードの前に興味がある業者の取引するための口座開設をどんどんして、示されているスプレッドを点検しましょう。同じ通貨でもボラティリティによってスプレッドの幅は変わることがあります。通常、インターバンク市場で取引量の多い、流動性の高い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドが小さく、その他の通貨ではスプレッドが拡大する傾向にあります。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.concegraff.com All Rights Reserved.