どの場合の外国為替市場介入(為替介入)も短期に

為替への介入というのをご存知ですか?日本銀行が為替介入(外国為替市場介入)をして新聞、雑誌、TV、インターネットなどの報道記事で見た人もたくさんいるでしょう。ライザップ 池袋

元より為替介入(外国為替平衡操作)とは日本では、◯財務大臣が為替の相場の沈着を実現するために用いるやり方と考えられています。ライザップ 千葉

簡潔に言うと、かなりの円高もしくは円安になると財務大臣の言いつけによって中央銀行(日本銀行)日本円の売買をして為替相場の安定をさせるというものです。

為替介入(外国為替市場介入)にはいくつか種類があるのです。

1.単独介入・・・政府または中央銀行(日本銀行)が、東京での市場において自分から市場に参入して為替の介入をする。

2.協調介入・・・いくつかの通貨当局が相談のうえ、各々の通貨当局の資産を使ってみんな一緒にあるいは小出しに為替介入を実施する。

3.委託介入・・・他国の通貨当局へ為替介入(外国為替市場介入)を任せる。

4.逆委託介入・・・日本銀行が外国の通貨当局に代わり為替の介入を実行する。

こういった方法があります。

どの場合の外国為替市場介入(為替介入)も短期に、あるいは当面為替レートにとても効果を与えると思います。

為替介入のお金は自分の国のプライドをかけて行なうだけに段違いなのです。

円を例にしてみると、普段は数銭ずつ変化しているレートがいきなり数円単位の動きをします。

個人投資家の方ならば一回くらいは経験があると推測できますが、それまで見込み通り含み益(または損失)が多い持ち高をキープしていたのに、保持している保有高が決済しましたとの内容の連絡がFX業者よりメールが来ました・・・いくらくらい儲けが出たのかな(損失が出たのかな)?と考えつつ決済の報告を見たら自分で考えていたものとは正反対の内容になっていて度肝を抜かれたパターンがよくあります。

為替介入(外国為替平衡操作)が行われた時によくある話なのです。

以上のように外国為替平衡操作(為替介入)を行うと為替の流れとまったく反対の動向をするものです。

なおかつ変動する額の範囲は非常に大幅に動きますので注意しましょう。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.concegraff.com All Rights Reserved.