税金面でも店頭取引と取引所取引

外為取引においては取引所取引というものがございます。

通常の外為(FX)会社と商業取引を行う行為を「店頭取引」と呼びますが、これは取引所を通過させないで商売の相手は外国為替証拠金取引(FX)会社になるのです。

「取引所取引」という取引所は外国為替証拠金取引(FX)業者は橋渡しあり、直接的の売り買いペアは取引所という意味になっています。

この相違をここで少々比較してみます。

開口一番「店頭取引」の折は預け入れている資金は外国為替証拠金取引(FX)企業に統括されています。

一方「取引所取引」の次第、この証拠金は全額取引所に供託しないとならないと義務づけられています。

そうする事でもしかして外為企業が倒産するという問題があっても、後者は、取引所によって証拠金が全てのお金が防守されているということになるのです。

場合はFX(外国為替証拠金取引)会社が管制しているため、場面により業者パンクの悪影響をに遭い預金していた証拠金は保護されずにいくのです。

税金面でも店頭取引と取引所取引は取り決めに違いが見受けられます。

「店頭取引」では、レートの変動による利益やスワップ利息などを雑所得として賃金と一緒に計算して届出をしなければなりません。

ものの確定申告せず済む際もありますので、自分に共通するか否か念入りに検討してください。

もしもあなたがビジネスマンで収入2000万円以下、給与の所得の範囲を超えた稼ぎが20万円以下(2社以上の事業者から賃金所得はないこと)という条件を満たしている状態でいるのであれば例外で確定申告は不要でOKです。

FX(外国為替証拠金取引)収益が二十万円以上ケースは確定申告をしてください。

税の割合は稼ぎに反応して5%〜40%の六段階に分けられておりまして、利益が高いのならtaxも値上がりします。

「取引所取引」に関しては、もうけが他の実入りとは別口として「申告分離課税」の対象となります。

税金の率は全て同じ20%となりますが、万一損失が確定したという事なら「取引所取引」の得策として赤字分を次年以降に先送りができるのです。

上記から見ても、「取引所取引」の方が安いtaxになるときも大いにあるのでふまえて見ていった方が良いと思います。

特にビギナーの方なら、JASDAQ株価の変化や円の状況にいつも配慮し、利益やマイナス分にドキドキするがために、税金を支払わなければならないということを忘れてしまいがちなってしまうこともあります。

損分は困りますが、収益が高騰すれば税金も金額が増加するので注目と実感をもつ事が大事です。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.concegraff.com All Rights Reserved.